門跡の毘沙門堂で前撮り

お問い合わせはこちら

撮影実績のご紹介

門跡の毘沙門堂で前撮り

2020/12/20

毘沙門堂の前撮り

京都市内にある五門跡の一つ「毘沙門堂」は天皇の一時的な在所として利用されていた由緒ある寺院です。現代においてはモミジの名所としての観光地になっていますが趣のある庭園などでの前踊りのロケ地として人気があります。予約制のロケ地ですので予約状況の確認と予約が必要です。一年を通して撮影可能ですが、安定して撮影できるのは初夏の「新緑=通称:青モミジ」5月以降なら随時撮影可能です。晩秋の紅葉は時期(見頃が一か月)と色づきにムラがあるので予約制の撮影には適していないように思います。境内には数本の枝垂桜がありますがこちらも見頃は約半月で前撮りよ予約が集中する2~3か月前の予測は更に難しいものです。

天候に左右されないロケ地の毘沙門堂門跡ならお客様が建物内でカメラマンが傘さし撮影

この屏風の奥にあるのが「取り合わない」間。ふすまの絵柄が梅にキジ、竹にヒヨドリ。一般的には梅に鶯、竹にスズメのはずなので絵柄が合っていないことから取り合わないお客様を通す専用待合室だったそうです。残念ながらそのお部屋は撮影禁止です。